フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

色々

鯛かぶとの串打ちも慣れて来ました
三本でバッチリです、
鯛かぶと1


鯛かぶと2
醤油の焦げた香りと味は反則ですね


四喜餃(スーシージャオ?)作ってみました、前から一度作ってみたいと思ってました、
大変と思ってましたが慣れて来ると楽しい、
でも、イチの方が遥かに上手い、前世は点心師?????
四喜餃1
材料は餃子の皮、焼売りの中身、茹で卵の黄身、海老、ハム、緑物(今回はブロッコリ)、干し椎茸等、


四喜餃2
皮の真ん中に焼売中身載せ(15g位)


四喜餃3
四か所をまとめ、


四喜餃4

四喜餃5
出来た袋に具材を詰めます、
今思うと、袋と袋の間をつまんだ方が良かった、でもあまりやり過ぎて全体が四角くなるのは品がありませんでした、

四喜餃6


四喜餃7
5分一寸蒸して出来上がり、
一口で食べるには一寸大きいのが難、


メインは穴子丼でした
穴子



寒くなって店も冬支度、
店1

店2

店3


6人前の豚のソーテに古い銅鍋登場、
銅豚


ロティオーズー
お昼のお客様の前にRôties aux œufsロティ―・オー・ズー、今ラルース見たらスウェーデン料理となってました、何回も見てるのに気付かなかった~~~~~
一人前卵一個で作ってもこの料理名(複数になってる)でイイみたいですね







テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2012/11/05(月) 00:58:28|
  2. 和、中華、フレンチ
  3. | コメント:0
<<プチ贅沢、鶉卵、フライパン | ホーム | 賄い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する