フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

不思議な鰻屋

横浜の老舗の鰻屋”○かな”に行きました、クソミソに言う人がいますが、ワタシは好きな店です、
以前行った時は周り中の”リーマン”達が一斉に煙草をふかすので味も何も解りませんでしたが、
現在は横浜市の条例で禁煙になったとかで安心して味わう事が出来ました、白焼きも蒲焼(上うな重)も見事、つくね焼きは一寸元町の”恐怖のラムボール”に似た外観でタレも甘かったですが・・・・
不思議なのはこれからです、
テーブルの上に有る鰻用の山椒が、綺麗なグリーン色で香りも良い、「これは売って無いのですか?又は譲っていただけませんか?」と聞いたら、{売って無いのですよ、でも今回に限ってオーナーの特別許可がおりてお分けいたします、断っておきますが今回だけですよ!!次回はお分け出来ませんよっ」のお言葉で、
レジ袋を渡されました、外へ出て袋の中をを見ると、底に写真の物がへばりついてました・・・・・・・
なんだったのでしょう???謎です、ネットで見たら一袋六圓三十銭でした、

山椒

テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/10/20(木) 22:51:13|
  2. 和食
  3. | コメント:0
<<健啖家五名様、皆様結構お歳なのに、 | ホーム | 横浜、江の島>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する