FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

叉焼もやし麺

叉焼もやし麺
叉焼もやし麺

幼少の頃、ジャニーにこのもやしのひげを一本ずつ取らされたという美しい思い出がありますよ。。。
でも確かに舌触りや味、全てがもう根本的に違うんですよね、あるのとないのじゃ。おいしい料理とは手間を惜しまないことですよね。

人気ブログランキングへ←セントルイスラブ。

テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/01/07(木) 14:02:18|
  2. 中華
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ガスパショ | ホーム | 蟹飯~>>

コメント

映画館

自宅のソファーに座って、飲み食いしながら映画鑑賞。
日本にも欲しいですね。
あれば、絶対入ると思います。
  1. 2010/01/07(木) 20:34:37 |
  2. URL |
  3. よーちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 映画館

> 自宅のソファーに座って、飲み食いしながら映画鑑賞。
> 日本にも欲しいですね。
> あれば、絶対入ると思います。

でしょう?!
入った瞬間、感動と同時に「なんというスペースの無駄遣い!」と思いました(笑。NYであれだけのスペースがあったら4倍はひとを詰め込むだろうなと。そして映画館のチケットの値段もワイン一杯の値段もNYより遥かに安いのです。人間らしい暮らしを求めるなら、とっととNYから出るべきです。と、ワイングラスを傾けながら思ったのでした。
  1. 2010/01/07(木) 22:57:34 |
  2. URL |
  3. Alice #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい経験ですね

Alice様
返信ありがとうございます。やるべきことを省かず、不要なことはしない、このことを貫ける方はどんな分野でも数少ないです。もやしのひげ取り、素晴らしい教育ですね。おそらく、もやしにひげがあることすら知らない日本人が沢山いると思います。名門大学の大学入試に、もやしのひげについて記述させたら、記述できない学生が沢山いるでしょう。私も10歳の娘にもやしのひげ取りをさせてみますね。私はふと祖母、母に教わった卵の白いひもの部分(カラザというのですか?)をとることを思い出しました。この部分をとりなさい!と教わってきたので、取らないで生で食べる人間を見ると何か野蛮な気がしていました。食べても問題はないみたいですが。ちなみに、生たまごを食べる習慣は戦国時代に武士が戦場で野鳥のたまごを食べる時代にまで遡るそうです。オランダに住んでいた時に、やめた方が良いと言われたたまごかけごはんを食べたり、魚市場のマグロの切り身を刺身で食べました。幼少の頃から放し飼いのチャボの生たまごを食べ、たらの白子も生で食べて鍛えてきた体(?)には自信があり、事なきをえました。鮮度を見極める嗅覚、目、舌が大切ですね。私は、うどんの水分率を、電気抵抗値を基に測っていますが、うどんのみならず試しに女性の手の甲、腕を年齢別に測ってみました。年をとるに従い、水分率は下がりますね。測定された女性達はその場で大爆笑でしたが、鮮度と水分は密接な関係があり、Aliceさんの表現は鋭い!と感じました。潤いは大切ですね。ブログ、知り合いにも広めますね。眞壁 明吉良
  1. 2010/01/08(金) 04:14:56 |
  2. URL |
  3. 眞壁 明吉良 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 素晴らしい経験ですね

> Alice様
> 返信ありがとうございます。やるべきことを省かず、不要なことはしない、このことを貫ける方はどんな分野でも数少ないです。もやしのひげ取り、素晴らしい教育ですね。おそらく、もやしにひげがあることすら知らない日本人が沢山いると思います。名門大学の大学入試に、もやしのひげについて記述させたら、記述できない学生が沢山いるでしょう。私も10歳の娘にもやしのひげ取りをさせてみますね。私はふと祖母、母に教わった卵の白いひもの部分(カラザというのですか?)をとることを思い出しました。この部分をとりなさい!と教わってきたので、取らないで生で食べる人間を見ると何か野蛮な気がしていました。食べても問題はないみたいですが。ちなみに、生たまごを食べる習慣は戦国時代に武士が戦場で野鳥のたまごを食べる時代にまで遡るそうです。オランダに住んでいた時に、やめた方が良いと言われたたまごかけごはんを食べたり、魚市場のマグロの切り身を刺身で食べました。幼少の頃から放し飼いのチャボの生たまごを食べ、たらの白子も生で食べて鍛えてきた体(?)には自信があり、事なきをえました。鮮度を見極める嗅覚、目、舌が大切ですね。私は、うどんの水分率を、電気抵抗値を基に測っていますが、うどんのみならず試しに女性の手の甲、腕を年齢別に測ってみました。年をとるに従い、水分率は下がりますね。測定された女性達はその場で大爆笑でしたが、鮮度と水分は密接な関係があり、Aliceさんの表現は鋭い!と感じました。潤いは大切ですね。ブログ、知り合いにも広めますね。眞壁 明吉良

あーーーーっ!うどんの眞壁屋さんじゃないですか!!!!(←気づくのが遅い!)
去年6月に日本に帰った際にジャニーから「これが一番うまいうどんだ」と言われて、もらったうどんが今まで食べた中で一番おいしかった、それが眞壁屋さんです!!!ありがとうございます!(←遅い!)大事に何袋かアメリカに持って帰ってきてあります!
私も生卵かけごはんのときはカラザは絶対にとります。が!スクランブルや目玉焼き等、「焼いたら見えない」もののときはとりません。大雑把に融通も利かせます。
それにしても、両親の教えというのは本当に後々まで響きます。カラザはもちろん、巨人嫌いなこと、眠れなくても目をつぶっていれば半分の時間寝たことになるんだよ、という大嘘(こちらは母親ですが)、極楽浄土なんて大嘘で、死んだら人間「無」になるんだよ、という恐怖(4歳ぐらいのときに植えつけられました。恐ろしい親です)、全て今でも身にしみて心に残っています。同時に料理の真髄というのも、幼少のころから叩き込まれ、信じて疑わない次第でございます。
  1. 2010/01/08(金) 10:59:25 |
  2. URL |
  3. Alice #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://chezjohnny.blog18.fc2.com/tb.php/34-1995c631
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)