フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

鱈子とふうせつ花の凍り豆腐

ジャニー「美味しそうな鱈子を切ってひっくり返し、さっと湯がいて水に取り、薄味で煮る、
ふうせつ花の凍り豆腐と、
器は先日横浜中華街の骨董店で見付けたお気に入り

タラコ


タラコ2

タラコ3

ジャニーへ私信:スポンジ豆腐(別名高野豆腐)とは違うのかな?

タラコ4






さて。

昨日のクラスは野菜がテーマ。
私とチームメートのエイデルはStuffed Cabbage Rollの係でした。
いわゆるロールキャベツ!
豚肉はもちろん使えないので仔牛の挽肉で。
材料に春雨や醤油等のアジア系食材が使われているとなんとなく心が弾みます。
日本の野菜(茄子や椎茸等)は最近普通のスーパーでも見かけるようになりました。
アジア食が広まり、胡麻油やラー油等の調味料が簡単に手に入るようになったのは本当にありがたいことです。


ところで当時高校留学始めのころ、どうしても生卵かけご飯が食べたくて、夜中に寮のキッチンに忍び込みました。
手に入ったのは大しておいしくない古いタマゴ(水っぽかった)、アメリカ製の醤油ならぬソイソース、ボソボソの長粒米。
それでも今でも覚えているほど感動して食べた記憶があります。

こしひかりやひとめぼれ、はたまた本物のワサビすら手に入るようになったアメリカ。
暮らしやすくていいことです。
なんだか逆に日本が遠くなった気がします。




ちなみに当時サルモネラの知識は全くありませんでした。
全然平気だったおかげで17年間アメリカのタマゴで生卵かけご飯食べまくりですが私は生きてます。










banner



人気ブログランキングへ←携帯のかたはここを一押し。

テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/12/15(水) 01:28:59|
  2. 和食
  3. | コメント:0
<<魚沼産こしひかりで寿司飯 | ホーム | Gras-double à la lyonnaise=通称はねトリップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する