FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

異常な減塩

  糖質オフ、よく解ります。
「甘味」は味覚の大敵でもあります。

盛岡の蕎麦つゆ、鰻のタレ、天つゆなどはレッドカードです!

しかし極端な減塩は如何なものでしょうか?

以前より青森の先生方から地獄の減塩給食のお話は聞いておりましたが、
どうやら首都圏にも地獄の津波が押し寄せている様です。

動きの鈍い年寄りならともかく、元気に走り回りっている小、中学生に極端な減塩は必要無いと思います。
それより(特に夏場は)塩分不足になると思います。

昔の百科事典には「一日10gの塩を摂らないと命にかかわる」とありました。

天然塩は多少多めに摂取しても良いとも聞きました。

何より確かなのは、度々お世話になってる岩手県立中央病院の入院時の食事です。
栄養士の方が「味が薄く感じますか?」と仰いましたが、とんでもない!
「これで良かったのかこれなら全然OK」の塩加減です

ちゃんと真面目に心を込めて作れば「地獄の給食」にはならない筈です

何より問題なのはそうやって大量の味バカ人間を作ってしまう事です。

松尾村に住んでた頃、子供の給食が気になり、父兄会の時に「給食を試食する会」を提案しましたが、
返ってきた答えは「給食屋さんに失礼だから出来ません」でした。

小、中学生のお子様がいらっしゃる父兄の方々、是非ともお子様の給食をご試食ください
貴方のお子様が危機に瀕してます


追記
 どんなに美味しいスープや出汁を取っても塩なしでは変な味のお湯です。
私の敬愛する画家が「日本は小学校で絵の才能を潰している」と仰ってましたが、
同じように料理の才能を潰してるのでしょう






























  1. 2019/06/28(金) 02:59:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
<<検査入院 | ホーム | 餃子のタレ、春雨のフォー>>

コメント

中央病院の味

20日午後から25日の朝まで絶食で、28日に出ました。
25日の昼から28日の朝まで、中央病院の病院食を食したわけです。
仰せの通り不足を感じる塩味ではなく、帰省して気が向くと作る長女の料理に近いです。
  1. 2019/06/29(土) 08:28:50 |
  2. URL |
  3. 森朔 #xQYkvTcc
  4. [ 編集 ]

ご無沙汰しております

本県におきまして、学校給食の減塩化は数年来のトレンドであります。これは、「短命県返上」政策の一環なのですが、カップ麺、即席麺消費量全国一位をはじめ、喫煙率の高さなど、県民の嗜好を考えると、何も塩分だけが悪者ではないのでは?と思っています。
さて、現場では(あくまでも私の場合)
栄養補給も仕事のうちと割りきって、子どもの前では残さず食べます。ですが、昔と違って生徒にも完食を強いることはありません。
一食分○○百円と、ただ同然のコストで給食をつくらねばならない方々にも苦労はあるかと思います。が、一つまみの塩で解決するものも多いのは確か…。
ミートボールなど、給食センターでつくっておらず、業務用を温めて出すだけのものについては普通に塩味がします。(こういうのが出る日は、おいしくはなくてもホッとします)
強敵は、塩味が全くしない野菜炒め。歯応え皆無のクタクタに炒めた(痛めた)キャベツの臭いが苦手です。それと、うっすら生臭いお湯に浸かったチャンポン麺ですね。
余談です。知人から米軍の戦闘糧食を数パック譲り受けました。飽きがこないように数種類のバリエーションがあるのですが、どれもみな不味い。学校給食はこれよりは、かなりましです。(^_-)
  1. 2019/06/30(日) 09:34:44 |
  2. URL |
  3. ○平 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ご無沙汰しております

> 本県におきまして、学校給食の減塩化は数年来のトレンドであります。これは、「短命県返上」政策の一環なのですが、カップ麺、即席麺消費量全国一位をはじめ、喫煙率の高さなど、県民の嗜好を考えると、何も塩分だけが悪者ではないのでは?と思っています。
> さて、現場では(あくまでも私の場合)
> 栄養補給も仕事のうちと割りきって、子どもの前では残さず食べます。ですが、昔と違って生徒にも完食を強いることはありません。
> 一食分○○百円と、ただ同然のコストで給食をつくらねばならない方々にも苦労はあるかと思います。が、一つまみの塩で解決するものも多いのは確か…。
> ミートボールなど、給食センターでつくっておらず、業務用を温めて出すだけのものについては普通に塩味がします。(こういうのが出る日は、おいしくはなくてもホッとします)
> 強敵は、塩味が全くしない野菜炒め。歯応え皆無のクタクタに炒めた(痛めた)キャベツの臭いが苦手です。それと、うっすら生臭いお湯に浸かったチャンポン麺ですね。
> 余談です。知人から米軍の戦闘糧食を数パック譲り受けました。飽きがこないように数種類のバリエーションがあるのですが、どれもみな不味い。学校給食はこれよりは、かなりましです。(^_-)




そうですよね~~~~
岩手県立中央病院は本当に真面目に味に取り組んでいると思います。
学校給食よりは予算が多いかも知れませんが見事です!

仰る通りほんの一つまみの塩、調理法でがらりと変わる筈です。

関東方面からも同じ「くたくた野菜」の情報が入ってきております。
修行時代お世話になったフランスの修道院を思い出します(塩気はありましたが)

米軍の戦闘食、私が子供の頃進駐軍から貰った物は素晴らしく、
子供心に「こんな美味しいもの食べてる相手には負ける!」と思ったものでした。
確かに30代の頃にアメ横で見付けて期待して食べたものはガッカリでした。

あの「美味しい処は満席、不味い処は閑古鳥」だったパリですら、不味い店が大賑わいの状態。
世界的に味馬鹿の津波が押し寄せている様です。

香港でも美味しい処は一握り。
「香港行ったらこれ食べよう」なんて片っ端から不味い店ばかりの本もある世の中、

正確な味覚を持った人が本当に少なくなりました。











  1. 2019/06/30(日) 11:24:43 |
  2. URL |
  3. Chez Johnny #-
  4. [ 編集 ]

美味しい病院食は病気回復の味方ですね、
青山の東京女子医大付属病院に入院した時は、食器もよく美味しく、年末退院でしたが、おせち料理を食べたいと思いました
まずければ早く退院したいと思うでしょうから、どちらがよいかは?

 ( これから脱線します。)
味馬鹿人間は問題ですが、素材への関心の低さも問題ですね、
と偉そうに書きかけましたが、除草剤の(ラウンドアップ)成分(グリホサート)の名前がなかなか覚えられず(グリサホート?グリサポート?)、
Wikipediaで検索したものの解説が難しく、
農水省が(グリホサート)は安全だという書類はますますよくわからず、、、昭和23年制定の農薬法に基づき????
ただ、欧米では危険性を考慮して規制されている農薬が日本では安全だというのがわかりません。
大手製粉会社の製品からは(グリホサート)が検出されているそうで、パンや麺類はよく食べていますし逃れようがない?
産地でない限り、原価が安い給食は間違いなく輸入小麦でしょうね。
製粉会社は(国が安全だと言っているから問題ない)、と、国が!?
  
ベトナム戦争では枯葉剤を製造していたアメリカのモンサント社を、ヘロインを作ったバイエル社が買収して販売しているのですから、
安心できません。
  1. 2019/06/30(日) 13:06:55 |
  2. URL |
  3. Tetsu #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する