FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

アンチョヴィ

以前夏殿に貰って美味しかったイタリア産塩漬アンチョヴィが忘れられなく、
作ろうと思っても此方では材料のカタクチイワシが全く手に入りません。
理由はハマチ、マグロなどの餌に行ってしまうから。  ハマチを餌に鰯を!と思いました(笑)

Test様より待望のカタクチイワシ到着!
早速フランスのネットでAnchois塩漬けレシピを検索(料理本には載ってなかった)


鰯1Kgに粗塩1.5kg、
粒胡椒、タイム、ローリエ、丁子が材料




製作です。

DSC_0007 (640x425)

さっと洗って水気を切り、


半量の塩をまぶして一日置きます

DSC_0008 (640x425)



DSC_0025 (640x425)

こんなに水が出ます


DSC_0036 (640x425)


DSC_0039 (640x425)

鰯を笊に取り洗います。汁は取って置きます。



残りの塩で本漬けです

IMGP7273 (640x424)



IMGP7274 (640x424)



IMGP7281 (640x424)



この様に塩、スパイス、鰯の順に漬けて、最後に取って置いた漬け汁を入れ、更に塩で覆い、
完成は6ヶ月後です。

DSC_0002 (640x425) (2)


レシピでは本漬けの際に頭を取るとなってますが、写真では頭ごと(笑)
頭取ると内臓が変に流れ出しそうな気がするのと、アンチョヴィ先輩のTest様も頭ごと製作との事で頭取りませんでした。















  1. 2018/06/03(日) 17:01:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
<<Hiro様中華 | ホーム | 日本酒>>

コメント

手作りーーーーー!

あんちょヴィ大好きだからこれ食べたーい😍🎉
  1. 2018/06/03(日) 21:44:05 |
  2. URL |
  3. 蟻 #-
  4. [ 編集 ]

私のいい加減レシピとはだいぶ違いますね(汗)
1日であんなに水が出るとは。塩の量の多さにびっくり・初めて作ったのは佐伯スタジオに入ってすぐ(1976年)でした、何かの撮影で見た後、気分を出してスペインの素焼きの器で塩漬け・西日が当たる木造アパートでしたので、塩を効かせました・まさに塩漬け、数ヶ月経ったら、器の釉薬が剥がれ表面には塩が浮き出していて、イワシはミイラ状態でした(笑)
スパイスも入るのですね。
楽しみです。
  1. 2018/06/04(月) 10:52:00 |
  2. URL |
  3. Tetsu #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する