FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

香港二日目

 2日前から何となく喉がおかしい、葛根湯と高濃度ヴィタミンC摂取で快方に向かいましたが、
今度はイチが発熱、去年1月の香港前と全く同じ、行ってからでよかった~~~

さて、2日目は何と初体験の雨

傘持って出発

IMGP5251 (411x640)


掃除のおじさん

IMGP5253 (640x391)


オクトパスを駆使してメトロで九龍、上海街へ。
厨房用品の店が並んでます。
入口にあり、目印になる素敵なビル

IMGP5257 (640x406)




先ずは蒸籠やまな板を売ってる万記砧板へ

IMGP5258 (416x640)



P3080127 (640x466)



IMGP5259 (640x402)


蒸籠と餃子用麺棒を購入

IMGP5260 (419x640)


傍にはこんな店も

IMGP5262 (640x424)



P3080129 (640x480)

これ、なかなか食べるチャンス無い


次に庖丁、鋏、中華鍋等の陳枝記老刀荘へ

P3080132 (640x470)



IMGP5265 (640x392)


中華鍋と鋏、油入れを購入。
中華鍋$72=¥1,000ですぞっ

IMGP5266 (424x640)



少し歩いて調味料の八珍へ

P3080133 (640x476)



IMGP5268 (640x397)



IMGP5269 (640x424)



IMGP5270 (640x398)



P3080135 (640x480)


P3080137 (640x465)


此処の醤油はやや豆の生っぽさがあるタイプの醤油。
甜麺醤(油の入ってるタイプ)、海鮮醤は美味しい。
辣豆瓣醤も油入り、やや甘く我々のイメージする豆板醤ではない。
特辣辣椒醬(唐辛子ソース)は酸味が少なく甘めです。
蠔油(オイスターソース)は甘口で絶品

一部はスーパーでも購入できます。

小雨が降ったりやんだり結構寒かったのですが、

P3080138 (461x640)

こんなおじさんが居ました。





P3080142 (480x640)

イチが行きたがった香港最古の喫茶店。



IMGP5285 (420x640)






IMGP5284 (640x399)


二階に案内されます。人いっぱい。

P3080143 (480x640)



IMGP5281 (424x640)


メニュー

IMGP5282 (640x424)


P3080145 (640x460)


P3080146 (640x477)



P3080148 (640x471)



P3080149 (640x480)

此処ではミルクティーだけ飲んで、九龍へ来たら絶対に外せない「麦文記」で雲吞麺。


IMGP5294 (419x640)





IMGP5290 (640x424)



IMGP5291 (640x424)

此処の油菜はちゃんと味がついてました


やっぱりフェリーで帰りたい~~で尖沙咀へ

途中の蟹料理店

P3080150 (640x480)


フェリー乗り場前のパフォーマンス


P3080154 (467x640)



P3080155 (471x640)



P3080156 (479x640)



P3080157 (478x640)

まばたき以外は全く動きません


P3080159 (640x480)



P3080160 (480x640)


ホテルに帰って荷物を置き、直ぐ出発

P3080166 (640x480)




メトロで西營盤駅へ

IMGP5309 (640x416)


IMGP5310 (424x640)

駅の3D壁画


P3080170 (640x480)



P3080171 (470x640)

写真では判りにくいですが、物凄い急坂。


チリソースの専門店余均益に辿り着き

P3080172 (480x640)



P3080173 (640x469)


IMGP5314 (424x640)



IMGP5316 (640x405)



IMGP5317 (640x424)

ピリ辛で酸味が強く甘味の無い大人の味。 炒麺には絶妙


途中見かけたヒゲ取りもやし

IMGP5323 (640x424)



P3080176 (640x480)



P3080177 (640x480)

生姜も美味し




そのあと香港島上環駅と中環駅の間にある九龍醬園に、

P3080179 (640x460)

凄いせせこましい所にあります。

P3080182 (640x472)



IMGP5325 (640x420)

此処の抽油皇(やや甘めの醤油)は素晴らしいです。
生抽皇は生の割には濃い。
甜麺醤は美味しいけどスパイシーであまり甘くない。これも甜麺醤のイメージではない。
海鮮醬はスパイスの使い過ぎ。
「醬」はシンプルで逢って欲しいです。スパイスは必要に応じて入れますから
蠔油は塩辛くやや薬臭い。




中環の勤記粉麺廠で乾麺も購入

IMGP5329 (640x373)


P3080187 (640x480)

買い物増えました。



夜はいよいよ楽しみにしてた工藤カメラマンご夫妻と合流、


灣仔の留園雅敘へ

メニューです

P3080196 (469x640)


P3080198 (480x640)



P3080199 (480x640)



P3080200 (480x640)


P3080201 (480x640)


P3080202 (480x640)


P3080203 (480x640)



P3080204 (480x640)



P3080205 (480x640)



P3080206 (480x640)



P3080208 (480x640)


紹興酒、凄く美味しかった

P3080209 (480x640)


IMGP5341 (640x424)



IMGP5342 (640x424)

食べたものは

燻蛋=茹で卵のお茶燻し
蒜泥白肉=ゆで豚薄切りの大蒜ソース
紅暁海参=ナマコの醤油煮
紅焼花膠=大きな魚の浮袋、醤油煮
蜜汁火舫=中華パンで挟んだハムの甘煮
家常豆腐=揚げ豆腐の旨煮
糟溜魚片=(桂魚)の薄切り揚げ炒め紹興酒風味
小籠包

でした。
30分近く待たされ、出てきた順番は滅茶苦茶(笑)
でも美味しいからOK


いきなり工藤カメラマン注文の豆腐から。
これが大正解スープがイイからソースが抜群!

P3080211 (640x480)



IMGP5345 (640x424)



P3080212 (640x480)



もやし(銀芽)と頼んだら何故かもやしと田鰻の炒め物が・・でも美味しい

P3080214 (640x480)



P3080215 (640x480)

ここで燻し卵登場。 塩味も薄く、燻製の茹で卵と言うだけ、最初に出てくればもう少し評価高かったかも・・と全員の意見




P3080216 (640x480)

これが出色。この日の最高の料理、浮袋の厚み、戻しも丁度良くソースが絶品


美味しい中華料理店の絶対条件は美味しい出汁を持ってる事ですね~~~~



続いてナマコ

P3080217 (640x480)


IMGP5348 (640x424)


一寸戻し過ぎかな~~~~~



IMGP5349 (640x424)

ハム、美味しいけど杭州酒家は敵わない




蒜泥白肉

P3080224 (640x480)



IMGP5350 (640x424)


これは大したこない。昔の台湾の四川の物とは大違い! 春雨が敷いてあるのも意味無し。
せめてと香菜を注文!

IMGP5352 (424x640)

これでどうにか食べられる。



桂魚の炒め物

IMGP5356 (640x424)



P3080226 (640x480)


紹興酒風味がもう少し欲しい。
魚は(個体差でしょうが)川魚臭がきつめでした。嫌いじゃないけど


IMGP5354 (640x424)

小籠包は美味しかった。


工藤夫妻をご紹介

P3080194 (640x480)



IMGP5360 (640x404)



IMGP5361 (640x424)

美男美女ですね~~~~


帰途寄ったホテル傍のスーパー

P3080227 (640x480)

アヒルが皮つきと皮なしで売ってました。



P3080228 (480x640)

黄韮
¥170、安い!


じゃ~~~ん

これより工藤カメラマンに取っていただいた写真ですっ


_KST5479 (640x427)



_KST5481 (640x417)



_KST5482 (427x640)



_KST5485 (640x427)



_KST5486 (640x427)



_KST5489 (640x423)


_KST5490 (640x427)



_KST5495 (640x427)



_KST5497 (640x418)



盛り沢山の一日目、アップにも3時間以上掛かりました、写真縮小の時間を入れるともっと掛かってますね~~(笑)

またぼちぼちアップします






















  1. 2018/03/20(火) 03:30:27|
  2. 未分類
  3. | コメント:3
<<三日目~~~~~~ | ホーム | 香港初日>>

コメント

レシピ本の次は、ガイドブックを望みたくなる盛り沢山の内容です。

個人的には、掃除のおじさんの頭の傘と、ミルクティーのカップがツボです。

続きを楽しみに、ゆるりとお待ちしております。
  1. 2018/03/20(火) 16:51:18 |
  2. URL |
  3. くねり #-
  4. [ 編集 ]

Re: 本

> レシピ本の次は、ガイドブックを望みたくなる盛り沢山の内容です。
>
> 個人的には、掃除のおじさんの頭の傘と、ミルクティーのカップがツボです。
>
> 続きを楽しみに、ゆるりとお待ちしております。


上ダウン、下短パンにビーサンの井筒監督風のおじさんは如何?v-8




  1. 2018/03/20(火) 17:37:22 |
  2. URL |
  3. Chez Johnny #-
  4. [ 編集 ]

見応えありました・またゆっくりと見返さなくては。
最終的にどれだけの荷物になったのか?と、興味津々です。

久しぶりの工藤夫妻も元気そうで何よりでした・二人とも昔と変わりませんね・若々しい
此方は朝からの雪が30センチ以上積もっています・春の雪でベタベタ、久しぶりの仕事で明日は東京ですが、道が混まないことを、
朝は東京からいそいでもどってきた妻を御殿場へ迎えに行きましたが、行きも帰りも
坂道で動けなくなった車がいて、渋滞、困りますね、ジムニーで良かったと実感です。
  1. 2018/03/21(水) 13:25:14 |
  2. URL |
  3. Tetsu #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する