フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

名古屋コーチンのローストの会

 名古屋コーチンが美味しい事は分ってましたが、丸鶏は初使用。
8名様に半羽ずつお出しするので4羽一度に焼かねばならない。
オーヴンは二つあるけどサーモ付きの方ではローストは出来ない(最悪だと思いません?)
メニューもローストチキンの前が多すぎてもいけない、鶏の到着が前日etc. 
Xmasが終わってもず~~っとこの会の事が頭から離れませんでした。



ちゃんと前日に到着!
DSC_0022 (640x425)



DSC_0024 (640x425)

袋開けるとこんな感じ



IMGP6819 (640x424)

腹にたっぷりの塩胡椒してから発酵バターと大蒜を詰め、



IMGP6822 (424x640)

縫います。



IMGP6820 (640x424)



DSC_0025 (640x425)

これで終わりではありません。



DSC_0027 (640x425)

豚の背脂を胸に巻きます。
これが胸肉の火の通りを遅くしてしっとりさせるのです。



DSC_0031 (640x425)

オリーヴ油塗っておきます。



DSC_0038 (640x425)

当日、お客様がいらっしゃる直前にオーヴンへ、焼きに約1時間の予定。



DSC_0041 (640x425)

谷口トマト、小肌のマリネ、


DSC_0042 (640x425)

名古屋コーチンのポトフ等をお出ししてる間に、



DSC_0045 (640x425)

ほぼ完成



中の大蒜を予め用意したジュで煮て付け合わせに。

IMGP6842 (640x424)



IMGP6843 (640x424)


我々も仕事終わってから一羽焼いて食べてみましたが物凄く美味しかった
コーチンお見事! そして上手く焼いたローストチキンの胸肉の美味しさに感動しました




途中のポトフに浮かべた鶏団子のレシピです。

Boules de Poulet (435x640)









  1. 2017/01/12(木) 11:05:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:3
<<仕込み、賄 | ホーム | 鶴瓶の巷の噺>>

コメント

きゃーっ!

クリスマスの前から色々思案されていても、実際にオーブンに入れられるのは一時間前。
「えへー、焦がしちゃったぁ」なんて、くねりクッキングスタイルは許されないのですものね。
事前準備万端でも、その場その場の勝負の世界ですね。

緊張に耐えられないくねりなら、「きゃー」と叫びます。
クリスマスの頃から、家でも厨房でも「きゃー!」です。
技術面のみならず精神面でも、シェフにはなれませぬ。
きゃーっ!
  1. 2017/01/12(木) 15:37:43 |
  2. URL |
  3. くねり #-
  4. [ 編集 ]

う”〜っ!(タイトル便乗させて頂きました)

残念、出来れば参加したかったな〜。美味しいと言われるほど凹です(笑)。
  1. 2017/01/13(金) 02:05:10 |
  2. URL |
  3. スバルン #jHzuovF2
  4. [ 編集 ]

感激しました!!

今まで食べた名古屋コーチンは何だったのか…と思ってしまうほどの料理でした!!
いつもながら、時間をかけて仕込みしていらっしゃるのだろうなと思っていましたが、ブロクを読んで、こんなにいろいろ考えて作っていただいていたなんて感激しました~!
もちろん味にも感激・感動しました~(^o^)
  1. 2017/01/13(金) 22:13:25 |
  2. URL |
  3. アンディ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する