フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

天丼

  横浜中華街で、鹹魚、5年間探し続けた海参(干しナマコ=おふくろはキンコと言ってた)を見付けたり、
みなとみらいのGAPで秋冬物の爆買いをしたりと楽しい旅から帰って来ました。
気になったことがあるので順を追わずに最後に行った人形町の天音の話から。
フルコースで食べまくったので最後は一寸下世話に天丼のお店へ
とIpadで選んだのが天音。
天丼だけでは寂しいと電話で問い合わせたら刺身もあるとか。
創業昭和5年、現在は三代目らしい。

IMGP5196 (424x640)


DSC_0129 (640x448)

風情のある外観。


ところが中に入ってビックリ

DSC_0136 (640x425)

床が鉄平石、


DSC_0135 (640x425)

仕切りもブロック塀風・・・・・何とも寒々しい。
安い旅館の風呂場の様でもある。


DSC_0130 (640x425)
突き出しの後に


DSC_0134 (640x425)

刺身。
これが素晴らしい
鮪よし、赤貝は昼の吉野鮨以上、鯵も小肌も見事、山葵は残念でしたが


店中に立ち込める胡麻油の香りと共に天丼登場。

DSC_0139 (640x425)



DSC_0140 (640x425)

お~~~メゴチもある。キスも穴子もかき揚げも
しかし食べると油切れが悪くて一気に満腹方向へ突き進みます、穴子もあまり良くなかった(揚げも足りず)
昼の吉野鮨は10カン目あたりからお腹が空いてきたのですがね~~~~~
つゆは多少ほろ苦いですが辛口で好みなのですが・・・・
全部が大きなかき揚げ?の感じです。


店を食べログで確認してる時、つい2点台を付けてるコメントに目がいきました。
天丼のつゆに関して、


「天丼の丼つゆは、天ぷらの天つゆとは違い、基本的に出汁を入れない。そこで出汁以外の「うまみ」を得るため、醤油、みりんという発酵食品のうまみと、砂糖(こだわる所によってはざらめ)のうまみを使う。これによって、天つゆとは違う美味しさが得られる。これが天丼の最大の魅力だ。」

と述べてるのですが誰に聞いたのか? 何を勘違いしたのか?
私、出汁の入って無い丼つゆにお目に掛ったことがありません。
今は亡き楽亭、山の上、みかわ、近藤、土手の伊勢屋、全て鰹出汁入ってます。

このような能書きたれの半可通、仲間内からも嫌がられ一人寂しくしているような輩を表に引っ張り出してしまった
食べログの罪は重いと思います。








  1. 2016/10/14(金) 01:30:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<パリパリトマト | ホーム | ケーキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する