フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

外国語の日本語表記

 これは「好み?」と言う位色々ですが、
先ず当店の屋号Chez Johnnyはフランス読みではシェ・ジョニーでしょう。
しかし幼少時に進駐軍の人(アメリカ人)につけられたあだ名がジャニーでしたので、そのままの読みにしてます。
盛岡にNeuf du papeと書くのだと思いますが‟Châteauneuf-du-Pape”と言うワインの名から採ったと思われる有名店があります。
しかし、日本語表示は「ヌッフ デュ パプ」となってます、余計なお節介ですがこれは「ヌフ デュ パップ」が正しいと思います。
店名ですからジャニーと同じく何らかの理由があるのだとは思いますが・・・
疑問に思われる方は「FORVO」でフランス人の発音をお聞きください。
以前書いた大嫌いな「メーン」もいまだにちょいちょい見かけます。




  1. 2016/04/09(土) 11:02:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<まだまだパスタ グリーンアスパラ、行者大蒜 | ホーム | Fromages>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する