フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

まだまだパスタ

 カルボナーラ
ヴォイエロとアルチェネロ

DSC_0004 (640x425)


IMGP2398 (640x442)

予想通りヴォイエロはややソースが絡み過ぎ。
アルチェネロの方が滑らかでした。


続いてヴォンゴレビアンコ、
DSC_0020 (640x425)


IMGP2417 (640x424)

スープの中に存在感のあるヴォイエロも捨てがたいですが、アルチェネロの方が一体感があります。

こう見ると総合点でアルチェネロと言う事になります。

でも、この辺の差は本当に好みの差と言う感じ、どちらも決して悪くありません。






  1. 2016/04/04(月) 03:19:32|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
<<色々 | ホーム | パスタ再実験>>

コメント

アルチェネッロ、届きました!小田原に巨大な倉庫があるせいか、アマゾンはあっという間に届きます。
カルボナーラのヴォイエロとアルチェレッロ,絡み具合が全く違いますね。
先日のパスタ(ヴォイエロでのホタルイカ)の残りを昨日食べましたが、
伸びても美味しく感じました=味音痴?
カルボナーラは多めに作って翌日オムレツ(白身に全卵を足して)で食べますので絡んでいる方が良さそう?
2種類のパスタでのカルボナーラ早く試してみたいです。
薫製器を一回り大きくしましたので4キロまで問題無しになりましたが、
気温がだいぶ上がって来たので風干しする北側階段室でも15度程になり,大丈夫かなと心配しています。
  1. 2016/04/04(月) 10:31:53 |
  2. URL |
  3. Tetsu #lQxmNcgQ
  4. [ 編集 ]

こんにちは。
カルボナーラは大好物ですが、ジャニーさんのヴォンゴレビアンコもめちゃくちゃ美味しそうです!
アサリは塩抜きが今一つ上手くいかないので作るのを躊躇してしまいます。
最近はアサリの50℃洗いと言うのがいいなんて話もあるようですが、一晩、砂抜きしても100%抜けないのに50℃のお湯で洗っただけで抜けるものか?と思っています。
ぜひジャニーさんのおすすめの砂抜き法ご伝授ください。
(50℃洗い)
http://m-uroko.com/asarisunanuki/
  1. 2016/04/04(月) 17:13:10 |
  2. URL |
  3. ゆうさん #HfMzn2gY
  4. [ 編集 ]

辻調理師専門学校のホームページにある,(食のコラム&レシピ)・とっておきのヨーロッパだより
最新版がブルターニュのそば粉・料理に(キッカ・ファルス)・たしかジャニーさんがお客さまに頼まれて作った料理でしたね。
辻調理師専門学校には佐伯先生と随分通いましたし、独立後は教科書8冊の撮影で伺い、辻静雄さんのかっこよさ、
研究室キッチンの備品や,辻さんのリビングの規模に驚きました。
食のコラムとレシピは好きなサイトです。
  1. 2016/04/05(火) 07:41:11 |
  2. URL |
  3. Tetsu #lQxmNcgQ
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

50℃洗い。
一部の野菜、魚のアラ、解凍(50℃浸け⇀氷水)はやってますが、アサリには怖くて~~~






  1. 2016/04/06(水) 05:27:40 |
  2. URL |
  3. Chez Johnny #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する