フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

Facebook 宮保、カレー

Facebookから脱退して何か心穏やかスッキリしました
あの甘い希薄な繋がりに耐えられませんでした

そこでハードに宮保蝦仁

IMGP2343 (640x424)


DSC_0028 (640x425)


DSC_0026 (640x425)

宮保はこの位ハードに唐辛子を入れて欲しいものです

鶏のものですがレシピ載せておきます。

宮保鶏丁 (452x640)
海老の場合下味に醤油は要りません。



私、料理を作る時は先ず出来上がりをイメージしてそれに向かって作っていきます。
なかなかの出来であってもイメージと離れていると私にとっては失敗作です。
黒かしわのブランケットがまさにそれでした。
お客様にもお出ししましたが、どうしても「良く出来たでしょう?食べてみて下さい!」と言う気持ちになれません。
ついに賄のカレーに転用する事を決心。

DSC_0022 (640x425)

解凍して、
玉葱、トマト、ココミル、タマリンド、ヨーグルト、チャツネ等を加えて、

DSC_0024 (640x421)
なかなかのカレーに変身しました。

ブランケットはもう少し野性味のある鶏を探してからの制作です。


玉葱のコンフィテュールの仕込み。

DSC_0011 (640x425)


DSC_0012 (640x406)


Newburg(Wenburg)sauceの仕込み。

IMGP2328 (424x640)


フラワー海老のニューバーグ風

DSC_0020 (640x425)



DSC_0016 (640x396)


IMGP2335 (640x444)

ピータン豆腐(搾菜の塩味で食べます、塩の抜き過ぎに注意!)


DSC_0018 (640x431)


IMGP2338 (640x405)

茸とジャガイモのスペイン風オムレツ。


IMGP2332 (640x411)

ボンゴレロッソ=谷口トマト、茸、プティヴェール等


IMGP2321 (640x424)
残り野菜の炒麺。


IMGP2313 (640x424)


DSC_0001 (640x401)


DSC_0002 (640x425)

鯛兜焼き
クセになります。
酒3 醤油2 味醂1 を少し煮て冷ましたかけ醤油がよろしいかと。



  








  1. 2016/03/26(土) 13:50:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:1
<<緊急速報 | ホーム | De Ceccoのパスタ>>

コメント

ドックでポリープ2個切除してもらい=禁酒中です。四川料理はお尻に優しく無さそうですが(笑)ブランケットから変身のカレーは,クリーミーで美味しそうですね、
宮廷風という名で出てきそうです。玉葱のコンフィチュールの照り照りした飴色、バターと砂糖だけであの色になるのですね。
つやの良いニューバーグソース,ご飯に絡めて食べたいです。スペイン風オムレツの泡のブクブク・バターですか?スペイン風だとやはりオリーブオイルですか?
熊本の帰りに岡山県、牛窓オリーブ園に寄ってきました、休日で観光客だらけ,実りの季節でないと写真的には?オイルはこの時期新鮮で美味しいそうです。
折角なのでと地元産を購入、小豆島に次ぐ生産地の様ですが量が少なくで大半は外国産でした。
ネット注文のパスタがもう届きました・ボンゴレ久しく食べていません,大きめのアサリを食べたいですが,こちらのスーパーではなかなか。
兜焼き、美味しそうですね,山椒にも新芽がついていますし鯛のアラはよく売っていますので醤油を作って挑戦です・
問題は炭火ですね,昨日薫製を掛けたので,炭をおこすのに暖炉を焚きました、
熊本から(スーパーホクホク君・直売所表で石焼き芋を焼いている人に頼み)サツマイモ10キロを持ち帰りました、
熾火で焼き芋を、鉄鍋の底に石を敷いて少し水を入れて・ふたをして30分、ねっとりとして美味しいです,
ガス台付属のダッチオーブンで焼いてもフライパンで薄切りを焼いても美味しくなく、同じ芋が調理法でこんなにもできが違うと不思議、
兜焼きもきっとそうですね。ジャニーさんはガス台に網を載せその上に炭ですね,家では出来そうも無いので,暖炉料理の研究を!
昨日は奥の炭を取ろうとしてギクッ、顔を洗うのにも苦労しています(涙)
  1. 2016/03/27(日) 09:59:39 |
  2. URL |
  3. Tetsu #lQxmNcgQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する