フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

ディチェコあるある

 のりまきさんのメールで思い出しました。
イタリアのパスタのトップブランド「ディチェコ」
現在のパッケージは女性が麦の束を抱えていますが、
昔は男性版もあったのご存知ですか?  ディチェコ兄弟で別々にやっていたようです。
味は男性版の方が少々勝ってました。
その後男性版はパッケージも一新、スフォリーナに改名、それも数年で無くなった記憶があります。




  1. 2016/01/11(月) 22:31:31|
  2. 未分類
  3. | コメント:1
<<みうみう様の | ホーム | からむ、賄、料理>>

コメント

昨晩はお世話になりました

>  お陰様で、新年会&お嬢の新しい門出に花を添えるどころか、完全にお料理に気持ちが行き過ぎて、ちょっと幹事失格だったかもと反省しております。
>  ほぼ30年越しに巡り会えた春田シェフの珠玉の一皿ヒトサラに、予定調和的にノックアウトされました。特に、自家製リエットと牡蠣のクリームスープ、合鴨ステーキ、私にとっては絶品でした。このエシェレっぽい発酵バターは?スープに仕込みで使ったワインはどこのもの?もっともっとお料理そのものについて質問責めにしたくてウズウズでした。(いやいや、それじゃダメ幹事でしょーよ)
>
>  安比に凄いシェフが移住してきた、との噂から、いつかは訪れたいと折りふれて思っておりましたが、途中に子育てやら離婚やら出向やら再婚やらと、なかなか期は熟さず。。。
>  今回、え??材木町に移転なさってたんだー、と、知りまして、これはもうと飛びついた次第です。情報源は、春田シェフの、お嫌いな食べログ、なんですけどね。。。
>  虚弱体質のお嬢のために、禁止食材の有る中、素晴らしいお料理の数々、大変ありがとうございました。昨日の最後のブラマンジェ、お店のブログで仕込みしていたイチゴのソース、なのでしょうか?どの一皿にも心を砕いて、素晴らしく周到に準備なさってるのでしょうね。洗練されているのに、どこか家庭的な優しさのあるお料理、感謝です。ホント、5日前の予約、が納得です。月並みなんですけど、ご馳走、です。いにしえから海に山に、新鮮なもの、保存していたものを駆使してまさしく走り回って食材調達してのお料理=ご馳走!!
>  こーなったら、春夏秋冬、四季折々の春田マジック、味わいにお伺いせねば!!と鼻息の荒い自分であります。
>  変なオバサンが着いちゃったなーと、大目に見て、今後も宜しくお願いいたします。(因みに、お一人様の予約はありですか?)
>  だらだらと書き連ねてしまいました。それでは。。。
  1. 2016/01/15(金) 00:31:58 |
  2. URL |
  3. みうみう #RsuguAlI
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する