フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

謙虚さ

 昔、我が家の向いに本当に尊敬できる素晴らしい人物のカメラマンがお住まいでした。
一見強面の方ですが心優しい方でした。
残念なことに彼は辛いものが全くダメ、ですから食べ物の話になると「私みたいな子供の舌の持ち主は食べ物云々は出来ません」と仰ってました、こう言うのを「謙虚」と言うのでしょう。
引き換え、さすらいの食べ歩き人、カメリアローズはどうでしょう???
幼き舌で身のほど知らずに味の評論です。 さすらいに至っては「私の舌が肥えてしまったのか?」とまで言い放つ始末。
救いがありません。
昔は食べ物の評論をするには、それなりの知識と経験、多数の人に認められる舌の持ち主、文才、何でも食べられる、胃腸が強い等の条件を満たし、なおかつ運も伴って初めて評論が目に触れたものでした。
それが今は知識も無し、味覚も鈍、おそらくは周りからは馬鹿にされてるような人物でもパソコンのキーさえ叩けばそいつの似非評論が人様の目に触れてしまうのです。
こう言うのが平等なのですかね~~~~~~~~~~




  1. 2015/10/20(火) 07:58:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<週休二日制 | ホーム | お口直し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する