フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

食べログ(続)

 14年10月にローズ来てないぞ!と食べログに連絡したら、訂正され、8月になってました。
8月のファイルを見たら有りました有りました。 杉浦と言う名でご来店。
メモ書きを見たら、
辛いもの、スパイシーなもの、内臓、イカ、貝苦手との事、大変困ったのを想い出しました。
得意技を全て禁じられたようなものです。
困った挙句にお出ししたガンバス・ア・ラ・プランチャ(スペイン風の熱した鉄な鍋で強火で殻付きの海老を焼きつける料理)も
「苦手なものを出された」「焼き過ぎてた」との事。 聞いてない~~~~~~
私海老を焼きすぎたことありません!
海老はメインでは無く、メインは(これも困った挙句の)二戸地鶏のブランケットでした。
他3組のお客様は(苦手なものが全くない)大常連の青森の〇平様、秋田のK様、東京のモアイ様でした。
その方々のメニューをお伝えしましょう
アンダルシア風ガスパショ(辛くてスパイシー)
佐助豚のリエット(これは杉浦氏にも提供)
茄子のリエット(スパイシー)
ムール貝のエスカルゴ風(貝、スパイシー)
メインは特製手揉みクスクス(大スパイシー)
仔羊の串焼き(辛くてスパイシー)
八戸脚立製メルゲズ(辛くてスパイシーな羊のソーセージ)添え。
有機レモンのシャーベット、ジン風味(ジンは無理だろうと杉浦氏はプーアル茶のパンナコッタ)
モロッコ風ミントティー(ミントたっぷり)

申し訳ありませんが、杉浦氏店のチョイスをお間違えでした。
此方も再訪はおことわりします。







  1. 2015/10/15(木) 22:59:05|
  2. 未分類
  3. | コメント:3
<<海老 | ホーム | 久々に食べログ>>

コメント

やはり、そうでしたか。

私ども夫婦も、シェジャニーに限って焼き過ぎはあり得ないと、まずそこに合点がいきませんでした。火の通り具合の絶妙なことまさに神業ですからね。あと、メインに海老3匹だけって、そんなわけないよねと。
去年の8月のメニューを我々も引っ張り出して見てみたりしたんですが、 周りにどんなお客様がいたかまでは思い出せませんでした。
それにしても「此方も再訪はおことわりします。」とは、ふるってる。いやはや痛快であります。
  1. 2015/10/15(木) 23:49:51 |
  2. URL |
  3. ○平 #-
  4. [ 編集 ]

食べられないものが色々あって、料理を云々するというのは、そもそも資格外。
多様な評価対象に充分な受容性があり、そのそれぞれの価値を認めつつ、総合的に評価する能力、資質が無いと、まともなことは言えないでしょうね/ちょっと理屈っぽいけど。

今夏、幾つかのお店でラタトゥユが供され、食しました。どこもまずまず美味しかったですが、シェジャニーのそれには到底及びませんでした。素材が秘める味わいを引き出し、それが玄妙なバランスを得ている奥深さは他店の追随できるものではありません。
こりゃちょっとと、少しがっかりしたのは、5月にパリで出てきたものです。フランスも美味い店は美味いけれど、ダメなところはダメ。当然でしょうけれど。
  1. 2015/10/16(金) 08:10:06 |
  2. URL |
  3. 森 朔 #xQYkvTcc
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 食べられないものが色々あって、料理を云々するというのは、そもそも資格外。
> 多様な評価対象に充分な受容性があり、そのそれぞれの価値を認めつつ、総合的に評価する能力、資質が無いと、まともなことは言えないでしょうね/ちょっと理屈っぽいけど。
>
> 今夏、幾つかのお店でラタトゥユが供され、食しました。どこもまずまず美味しかったですが、シェジャニーのそれには到底及びませんでした。素材が秘める味わいを引き出し、それが玄妙なバランスを得ている奥深さは他店の追随できるものではありません。
> こりゃちょっとと、少しがっかりしたのは、5月にパリで出てきたものです。フランスも美味い店は美味いけれど、ダメなところはダメ。当然でしょうけれど。


ウチで通常出してるのはモロッコ風ラタトゥイユ。
はっきり覚えてませんが、この人スパイシーなもの駄目な人だから子供向けのラタトゥイユ作ったのかもしれませんね!


  1. 2015/10/18(日) 05:56:57 |
  2. URL |
  3. Chez Johnny #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する