フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

辣黄瓜

何で中国語で胡瓜は黄瓜なんでしょう?
日本語の発音キュウリも黄瓜(キウリ)から来たのではないでしょうか?
昔は黄色かった????
イチ、調査中、
どうも中国でも昔は胡瓜だったのが、南北朝時代に胡族が漢族を脅かしていたため。野蛮な胡族の「胡」と言う字を使用禁止にしたため皇帝の色である黄色を苦し紛れに当てはめた見たいです。 嵩起秀さんのHPより。

さて、歯医者、循環器、皮膚科の検診、散髪を一度に済まそうと、日曜日は介さんも一緒に盛岡泊、例によって昼清次郎、夜萬花京で大満足、翌昼は勿論ピアーチェ・・・の予定でしたが昼前に通りかかるといつものイタリア国旗が出てない、慌ててTel、出ません、留守電お盆休み???
もう後は公会堂多賀しかない、美味しいけど量が少ないハヤシライスを大盛りで注文、大満足でした
帰りに「春田シェフですよね?」と言われて芳名録が出てきて恥ずかしかった~~~

さて、2日とはいえ留守にするとなると、野菜類が心配、直売で買った美味しい胡瓜と茗荷が心配、中華甘酢漬けにしました。

レシピです(白菜は以前アップしたと思いますが今回の方が見易くなってます

辣黄瓜レシピ


帰ってから前菜に食べました。

前菜
小さな胡瓜だったので二つ割りです、一緒に漬けた茗荷、美味しかった~~~
他は茄子の味噌煮と冬菇の煮つけ。

メインは溜めておいた牛筋とブランケットの仕込みで出た鶏筋で肉骨茶

肉骨茶1


肉骨茶2


肉骨茶3
最近イチの写真がメインになること多く、by J


昼は、トチが送ってくれたバジルがどう見ても(香、味が)タイバジル、
ブランケット仕込みの二戸地鶏の屑を叩いてタイ風鶏バジル炒め。

バジ炒め1


バジ炒め2


バジ炒め3


バジ炒め4


バジ炒め5
by J


この料理、ジャスミンライスにぶっかけると、もう止まりません
三人でタイ米500g食べちゃいましたよ~~~

バジ炒め6

やはりタイバジルでしたよ
素晴らしかった
茸は最近はまってる大黒しめじ








  1. 2014/08/13(水) 03:07:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:1
<<コーヒー | ホーム | 砂肝尽し>>

コメント

家庭菜園でキュウリを作っています。昨年友人にタネを貰った加賀伝統野菜のきゅうりです。
タネを取って今年植えましたら、発芽良好・丈夫でこの冷夏でもがんばっています。
大きくなったら皮を剥いて、煮ても美味しいです、大きくなると黄色くなりウリのようです・
直径5センチ長さ25センチ程にも育ちますよ・黄瓜かもしれません。
  1. 2014/09/01(月) 17:11:43 |
  2. URL |
  3. Tetsu #lQxmNcgQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する