FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

煲仔飯

  
   私と蟻はおこげ苦手、「あれは失敗じゃ」と言ってましたが、
香港で煲仔飯を食べてからは宗旨替え、見事にはまりました

早速試作です、豚挽肉と卵のトッピングから

日本の一人用の土鍋で作りました。



油少々とタイ香り米水を入れて火にかけます。

IMG_2675 (640x427)





DSC_2800 (640x428)




煮立ったら弱火にして5分程炊き、豚入れます。
卵用に真ん中を窪ませます。

IMG_2679 (640x427)



約7分、肉に火が通ったら卵載せます

IMG_2686 (640x442)



1分位炊いたら火を止めて好きな加減まで蒸らします。

IMG_2688 (640x427)




タレをかけます

IMG_2691 (640x427)



万能葱散らします

DSC_2804 (640x428)




バカ旨です

IMG_2699 (640x427)



IMG_2700 (426x640)






おこげもバッチリ

DSC_2809 (640x428)




DSC_2811 (640x463)


唯一の欠点は土鍋にこびりついたおこげの掃除
酢、重曹などの浸け置き、試しましたが歯が立たず、力業に





賄にセラミック鍋で簡易煲仔飯

DSC_2861 (640x428)





IMG_2773 (640x427)




IMG_2781 (640x427)




DSC_2862 (640x428)







DSC_2866 (640x428)





IMG_2787 (640x427)



おこげは物足りなかったけど充分美味しい


IMG_2789 (427x640)





IMG_2791 (427x640)






もう煲仔飯に夢中

翌日は大きな土鍋で鶏肉と卵


茸も入れました

IMG_2806 (640x427)



から揚げ風の味を付けた粗く叩いた鶏肉

IMG_2809 (640x427)





IMG_2813 (640x427)






IMG_2817 (640x427)





IMG_2820 (640x427)





DSC_2884 (640x427)






DSC_2886 (640x427)






DSC_2891 (640x428)





おこげもバッチリですが、これも後の掃除は力ずく

IMG_2826 (640x427)






次の日も煲仔飯

豚肉と鹹魚



IMG_2831 (640x427)






IMG_2833 (640x427)






IMG_2837 (640x427)




DSC_2901 (640x427)




DSC_2903 (640x428)


これもたまりません。
掃除が大変なのは相変わらず




IMG_2848 (427x640)



あっちっち

IMG_2850 (412x640)






翌々日は牛肉と茸と卵の煲仔飯

DSC_2949 (640x428)





IMG_2905 (640x432)




IMG_2907 (640x427)








IMG_2910 (640x427)






IMG_2922 (640x427)




DSC_2962 (640x428)


おこげバッチリ

DSC_2963 (640x428)




ネットで見た煲仔飯のレシピに、「香港の砂鍋(煲仔)は内側がスムーズに洗浄出来るようにかこうがほどこされています。」
と書いてあるのを見て、もしかしたらと横浜中華街照宝に注文


DSC_3046 (640x427)



取り敢えず15cmの物を4個購入、
中は黒くてつるつるです。


DSC_3047 (640x427)




ご飯、片栗粉など入れて1時間煮ます。(割れにくくなる)

IMG_2996 (640x427)




翌日洗って乾かします

IMG_3000 (640x427)






いよいよ本場の鍋で製作


IMG_3090 (640x427)







IMG_3091 (640x427)







IMG_3095 (640x427)







IMG_3104 (640x427)







IMG_3109 (640x427)







IMG_3113 (640x427)







焦げも見事です

IMG_3111 (640x426)





何と殆どこびり付いていません

DSC_3180 (640x427)


浸け置きして軽くナイロンたわしで簡単に洗浄完了 恐るべし
やはり煲仔飯は煲仔でと納得。


基本的なレシピです。

15cm煲仔の場合は米の分量120g位が適当。
肉が大きい場合は炊く時間を長くします。

煲仔飯P (425x640)





DSC_3309 (640x427)





  1. 2019/10/08(火) 23:35:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:7
次のページ