FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

レシピ

  
  恥かしながらのレシピを見てお作りになった方がいらっしゃったら是非ともTest様ジジ様のように結果をお知らせください。
レシピ作りの参考に、反省材料に、そして何より励みになります。
ジジ・グライスと言うアルトサックスいましたね~~~




落ち着いたら一寸マニアックな南仏料理Broufadoを作ろうと手持ちの本を探したら二つレシピが見つかりましたが
物足りない。
Broufadoで検索するとすぐさま10個位のまともなレシピが出現。
落ちぶれたとは言えフランス恐るべし 
引き換え日本はどうでしょう? フレンチ、イタリアンばかりでなく「和」でも
簡単、素早く、安くにアレンジされた物ばかり
ちゃんとしたレシピがあって、それをアレンジする、手抜きをするのは個人の仕事。
最初から手抜きやアレンジを教えてどうするのですか?????
日本人はそんなことも出来なくなったのですか?
余計なお節介が多すぎます。
〇〇用ミックススパイスも同じです。
同じミックス使ってたら飽きますよっ! 
それに何より悪いのはミックススパイスを使ってたら一生夫々のスパイスの個性を分からないと言う事です。
料理を作ってて「んんん?ここであいつを入れたら面白いんじゃ?」とスパイスを入れて見事的中する醍醐味
はたまりませんよっ!
以前も書きましたが、ジュネーヴ時代一緒に働いてた普通のスペイン人の主婦が料理を作ってるときに、
平然と何種類ものスパイスを使いこなすのに感心しました。 個性を見事に把握してるのです。
料理音痴のアメリカが発祥でしょう。ク・・・・・・・・-ソルトなんか最悪です。
確かにフランスでもエルブ・ドゥ・プロヴァンス、 カトルエピス等がありますが、これらは揃えるのが大変、
それに中身が解って限定的に使いこなすものです。 
中身も判らずただ「魚用」「肉用」「万能」では困るのです。
カレー粉は作るのが大変で便利なものの代表です。
でも一度でいいからカレー粉作りに挑戦してみて下さい。
次に市販のカレー粉を使う時に、「これはクミンが利いてるな」「もう少し丁字が欲しいな」とか思うようになるはずです。

基本的レシピ載せておきます


Cari poudre (449x640)






















  1. 2017/10/02(月) 10:16:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:1
次のページ