FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

Pâté de campagne

 パテカン、作ります

豚レバー、バラ、肩ロース等6時間位ポルト、コニャックに漬けて置きます。

DSC_0004 (640x425)


焼いて冷ましてから挽きます

IMGP1032 (640x424)



IMGP1030 (640x424)



IMGP1033 (640x424)



細かく切った背脂、パセリなど入れます。

DSC_0022 (640x425)


詰めます
IMGP1045 (640x424)



IMGP1051 (640x424)



湯煎でオーヴンへ

IMGP1053 (421x640)


芯温約75℃

IMGP1060 (640x424)



DSC_0024 (640x425)



板と重石載せて一晩

DSC_0033 (640x425)


昔のレシピなのでやり方少し変わってますが載せておきます

Pâté de campagne1 (452x640)



Pâté de campagne2 (449x640)
今はオーヴン温度200℃位、芯温73~75℃にしてます。
このレシピでテリーヌ大3本、小1本出来ました。(種の重さ4.5kg)


最近の鶏レバーのレシピも載せておきます

Pâté de campagne au foies de volaille1 (433x640)



Pâté de campagne au foies de volaille2 (433x640)




賄はタイ鶏バジル炒めの残りに野菜とハモちゃんバジルを足して

DSC_0027 (640x425)



DSC_0031 (640x425)

堪らずタイ香り米にかけて食べます

ご飯に堪らず載せちゃうような物大好きですが、ひつまぶしみたいに「最後はお茶漬けにして」と強制されると
意地でも食べたく無くなります  自然発生が良いですね~~~



スーパーでアメリカ牛の安売りを購入

DSC_0007 (640x425)



ステーキにしました

DSC_0013 (640x425)



DSC_0017 (640x425) (2)

NYの高級ステーキハウスの牛よりは美味しかったけど、
アメリカの牛、香りも味も薄い~~~~











  1. 2017/08/29(火) 21:36:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:1
次のページ