FC2ブログ

フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

Testさまのコメント

 
 ブログへの返信が・(不正な投稿)とされてお送りできませんでしたので、メールにて
ヒヨドリジョウゴ・看板を優しく覆いそうですね、つる性の(ヤブカラシ)(カリムグラ)いけません、絡みすぎ。
産毛?までよく写っていますね、これは別のOLYMPUS?
先日のお米の撮影でもTG-4使い、納品しました。御飯のアップで活躍!

ネムノキ・上の人から道路に惹かれているよというメールが届いて以来行けなくなった散歩道、
妻が見に行って、もう無いよというので、久しぶりに行くとたくさん散っていました、満開を見損なったようです、
自生のネムノキがあちこちにあり、去年道路脇の実生を(こっそり)1本・鉢で30センチほどに育っています。
ハモ・好きです、天草も多くいるようで、熊本の直売所で茹でた落としを2度、はも皮も買い、ささやかに楽しみました。
蛇は苦手でも穴子も鰻も好きです。
先日のクライアントは実家が藤沢の農家で母上と広い畑を世話していて、いとこは平塚で牛を飼っているそうです。
飼料に育てているトウモロコシ畑を荒らしたり、配合飼料の良いとこだけを食べたり、
牛舎で牛のおっぱいを突き・乳房炎を起こさせ・廃牛・というので罠を仕掛け年間で300羽ほど捕獲、
知り合いに届けたり役場での殺処分、その知り合いが(カラス料理)を出版したと携帯画面で見せてくれました、
聞かずに食べたら美味しかったけど、カラスと聞いたら食べる気がしなくなったと、
別のクライアントがジビエが売りの取材先(長野のフレンチレストラン・エスポワール)で丸焼きを出されて苦労したという話と
ジャニーさんが、カラスは銃弾を跳ね返すとおっしゃっていたのを思い出しました(笑)
今、(カラス料理)ネット検索しましたら・たくさんありました・古典フレンチの高級食材とも、
でも、食べる気にはなれません。



「不正な投稿」なんてなる事あるのですか~~~
失礼な話ですね~~~~

烏は羽毛が多く、故に弾が通りにくいです。
ですから、見かけは大きくとも毛を毟ると小さくなります。

普通に木にとまってるのを撃ちに行くと射程距離を知ってるので、撃とうとするとヒョイと奥の木へ、
また近づくと次の木へ、と完全に馬鹿にします。
そこで銃口にチョークと言う絞りを付けてそれを目一杯絞ると(フルチョーク)広がりが少なくなり射程距離が延びます。
それで狙いすましてド~~~ン・・・「どうして?どうしてなの?」と言う感じに墜落します。
ハシブトカラスなどの大きいものは毛を毟ってる段階から不潔な犬のような香りがして食べられたものではありません。
子ガラスは焼くと身がパンパンに硬く出来上がりますが、食べると固くはなく、変な鶏より野性味が有って美味しいです。

また、広場などに物凄い数が集まってることがあります。
そういう時は必ず木の上に見張りが何羽か居て危機を知らせます。
一度溝の中を匍匐前進、見張りに気付かれることなく群れの中心に躍り出てみました。
もう奴らパニック状態、どこへ飛んで行って良いかも判らず、うろうろと飛び回るだけでしたよ~~~








  1. 2017/07/23(日) 11:25:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:1
前のページ