フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

シノワ、牡蠣、コーチン。キヌア

 
 シノワ=Chinois 昔の中国人の三角帽子から来た名前でしょう。
フランス料理には欠かせないスープ、ソース等を漉す道具です。
先日もNHKのカルチャースクールの料理教室で(ガスパチョ)ご紹介しました。
通常、漉すものを入れ最初は円形のレードルでガチャガチャ漉し、仕上げは写真のような押し棒でしっかり漉します。

DSC_0020 (640x425)



DSC_0024 (640x425)

ところが驚いたことにこの押し棒がネットで探してもカタログを見てもどこにも無いのです
これはフランスで買ったものですが、こんな当たり前の物が何故無いのでしょう?

円形のディスク状の板に棒が付いてるもの¥7,000もするすりこぎを削ったような物しか見当たりません。
もう自作するしかありませんね~~~(又はフランスに買いに行く)




岩牡蠣の良いのが入りました。

DSC_0001 (640x425)



身を出します

IMGP0508 (640x424)


IMGP0540 (424x640)


IMGP0547 (424x640)

この状態を撮るのにイチ50枚くらい連写


お客様にお出しした残りのコーチンフライの賄

IMGP0551 (640x424)



DSC_0013 (640x425)

うわ~~~美味しい




仔羊のご注文でモロッコ風ブロシェットの仕込み。

DSC_0004 (640x425)


軽く真空するとよく漬かります。

DSC_0006 (640x425)


レシピです

Brochette dagneau (447x640)


付け合わせにキヌアをクスクス風に。


先ずは試食。
お~~~結構いける!
ヘルシークスクスじゃ~~~~

IMGP0552 (640x424)



でお出ししました

IMGP0558 (640x370)



賄の海苔弁

IMGP0555 (640x424)




















  1. 2017/07/31(月) 08:12:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:5
次のページ