フレンチレストラン シェ.ジャニー 

~魅惑の南仏料理~

Couscous

間に色々入ってパリのブログが中断、色あせたかな?
月曜日は片っ端から目指すレストランが休み、困った挙句、絶対の安全パイ、
パリで一番美味しいクスクス屋、”Timgad"に決定
此処はワタシと上野万梨さんがパリのクスクスの中で飛び抜けて美味しいと太鼓判を押す店、
やっぱり間違いなく美味しかったです


テーブル
用意されたテーブル、


店内
店内


突き出し
突き出しです


モロッコサラダ
モロッコ風サラダ


ブリック
前菜のブリック、薄~~い春巻きの皮みたいなものに卵が!とろける卵がたまりません


スムール
スムール登場、たまらない香り、手揉みのふんわり感


器
かけて食べる煮込んだスープの器


中身
蓋開けました~~


メルゲズ
牛と羊のソーセージ”メルゲズ”とブロシェット(串焼き)、その他肉団子も付きました、


いざいざ
いざいざ食べまくり~~~  小さなブドウも素敵、


ミントティー
仕上げはミントティーでサッパリ

テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2011/07/29(金) 16:21:35|
  2. 北アフリカ
  3. | コメント:1

クスクス (裏話付き)

本日もアリス視点でお送りしておりますジャニブロ。


クスクス
クスクスでたーーーーーーーーーー!!!

クスクス
写真が小汚くてすみません(><q)!!

クスクス
美味すぎるーーーーーーーーーーーー!!!


という大興奮の渦の中で頂きました。
何せ今回ようやく頂けたジャニー料理の写真ですので冷静なコメントがお送りできていませんことをお詫びいたします。


さて。ここでこのクスクス裏話です。

クスクスのソースを冷蔵庫から取り出したジャニー。

ジャニー「あれ?酸っぱいぞ?、、、、悪くなってる。。。。」

一同「ええええええええええええええええーーーーーーーーーーーーー!!!!今日クスクス無しーーーーーー?!?!」

心も体も魂まで「クスクスムード」になっていた一同、驚愕です!
一同「ジャニーなんとかしてよーーーー!!!」


そして。


なんとかなってしまったんですねー 笑。

だってジャニーだもん?
そりゃなんとかなっちゃうに決まってますよ?

そして、当初予定していなかった羊まで焼いてくれました☆(えー予定してなかったのー?!)

クスクスのソースが悪くなったおかげで羊にまでありつけた私たち。
辛いハリッサをつけながら頂きます。


でも「手もみクスクス」が少なくて、インスタントが多かったのにはブーブーです!
ジャニーの手もみクスクスを食べたら、インスタントの箱クスクスなんてお話しにもなりませんわ!



というわけで奇跡のクスクスです。
ディナーで是非リクエストしてください。
これ食べてない=人生損してる。または=何かを見失ってる、に等しいですよ!!




人気ブログランキングへ
大げさではありません。


人気ブログランキングへ←携帯のかたはここを一押し。

テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/09/01(水) 21:53:37|
  2. 北アフリカ
  3. | コメント:2

ラマダンのスープ

ラマダンのスープ
ラマダンのスープ

ラマダンのスープ2
ジャニーによるとモロッコかチュニジアの料理だそうです。

ネットより抜粋。{イフタールとは(断食明けの晩ごはん)。イフタールの正しい食べ方は、まずスープを飲んで、胃を落ち着かせ、空腹間を抑えてから、ご飯を少量食べるそうです。空腹にまかせてがっついてはいけないんですね。}だそうです。そしてこれはパレスチナの話。



どこの国かはっきりせいっ。



セントルイスに落ち着いて3週間が経過しました。7年ぶりの運転もなんのその、ちょっとカーブに乗り上げた程度で、大体勘は取り戻しました。人間さえ轢かず、自分さえ死ななきゃいいんです運転なんて。

NYのKorean Town(K-town)に通った私をうならせるほどの焼肉屋に出会いました。もうセントルイス決定。ここでOK。

それではジャニーメールを待ちます。みなさま後ほどお越しくださいませ。

ジャニー参上!
ジャニー「まだまだと思ってのんびりしてたらもう載ってやがった(笑)
SOUPE DU RAMADAN〈スープ デュ ラマダン〉
仔羊(すじっぽい方が向いてる)・・・750g=小さい角切り
玉葱・・・450g=薄切り
ひよこ豆・・350g=前の晩から水に浸しておく
香菜・・・大量
水・・・約5L
以上を強火にかけ、煮立ったら火を弱め、アクを取り、弱火にして蓋をして40分位煮る
レンズ豆・・・30分前に浸しておく
生トマト又はホールトマトをムーランで漉したもの約1.5L
コリアンダー、セロリシーズ、クミン、キャラウェーのホールスパイスを袋に入れたもの
サフラン・・・二つまみ
を加え、アクを取り、蓋をして30分位煮る、
タイ香り米・・300ccを加え、塩約30gも入れる、
米がやわらかくなったら出来上がり、
塩、胡椒、唐辛子で調味、気分で大蒜、バジル、ミント等加える、
皿に盛り、香菜、セロリの葉、パセリ等をちらす、
水分量、トマトの分量は好みで但し香菜は大量に使って下さい

人気ブログランキングへ←プレスミー

テーマ:料理日記 - ジャンル:グルメ

  1. 2010/01/28(木) 03:18:07|
  2. 北アフリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2